大寧寺の紅葉

大寧寺の紅葉に関するみんなのつぶやきをリアルタイムで表示しています。
お出かけ前に紅葉の見ごろ、時期、混雑状況をリアルタイムでチェックできます。

大寧寺の紅葉見頃(リアルタイム)

大寧寺のリアルタイム情報

大寧寺の変⇒(英)⇒Strangeness of large [**tera]⇒(Re)⇒大きい**テラの奇妙さ

【三条公頼(1495-1551)】三条家の公卿。実香の子。若くして公卿に列すると諸大名への使者を務め、武田晴信の元服に立ち会うと後に娘はその正室となった。細川晴元や本願寺顕如といった有力者にも娘を嫁がせて強い影響力を誇ったが、大内義隆を訪ねた際に大寧寺の変に遭遇して殺害された。

【大内義長(1532-1557)】周防の戦国大名。大友義鑑の次男。大内義隆の養子に入り、大寧寺の変で陶晴賢が大内家の実権を握ると兄の大友義鎮の反対を振り切り、傀儡として大内氏当主となった。厳島の戦いで晴賢が討死を遂げると大内氏を率いるも毛利軍の侵略に敗れて自害を遂げた。

@DdviYo2BvVAvWN6 守備側で参戦したい(一兵卒で)防衛戦 ※本能寺の変や大寧寺の変の様な奇襲戦も含む

大寧寺の変で厳島を占拠した陶晴賢殿は、通行料権益の独占をもくろみ、村上水軍に対して駄別料徴収の禁止を通告しました。貴重な収入源を奪われることになった村上武吉殿の怒りは半端ではなく、この時の遺恨が村上水軍を毛利に結びつける一助となりました。

私の廟所と伝えるものは、伊豆修善寺の他に横浜市の大寧寺、北本市の東光寺、広島市の御曹司山、同市の福蔵寺、伊予市の称名寺にもあり、それぞれの地に私の伝説が残っている。

のぶやぼ、戦いたくないし大内義隆と陶晴賢のスローライフを永延と送って江戸時代突入。 陶晴賢が下剋上する大寧寺の変も起きないから二人の愛も永遠(脳内補完)

大寧寺の変⇒(西)⇒Del templo de Daning es extraño⇒(Re)⇒大寧の寺院の、それは奇妙です

@I7Z5BKqTS3YB7no 周防文化ですね(大寧寺の変でヴァンダリズム食らって木っ端微塵になってしまいましたが…………orz)

大寧寺の変⇒(韓)⇒다이(大) 야스시(寧) 절의 변 ⇒(Re)⇒ダイ(大)ヤスシ(寧)節義便

大寧寺の変で厳島を占拠した陶晴賢殿は、通行料権益の独占をもくろみ、村上水軍に対して駄別料徴収の禁止を通告しました。貴重な収入源を奪われることになった村上武吉殿の怒りは半端ではなく、この時の遺恨が村上水軍を毛利に結びつける一助となりました。

私の廟所と伝えるものは、伊豆修善寺の他に横浜市の大寧寺、北本市の東光寺、広島市の御曹司山、同市の福蔵寺、伊予市の称名寺にもあり、それぞれの地に私の伝説が残っている。

そういや、大寧寺には早朝に行ったんだけど、鹿の群れがいたんだよな。 初めて聞いたよ鹿の鳴き声....

ぼうっとしていると大寧寺と空目する/ ⇒大善寺

大寧寺の変で厳島を占拠した陶晴賢殿は、通行料権益の独占をもくろみ、村上水軍に対して駄別料徴収の禁止を通告しました。貴重な収入源を奪われることになった村上武吉殿の怒りは半端ではなく、この時の遺恨が村上水軍を毛利に結びつける一助となりました。

3人兄弟の真ん中として生まれました。 お兄ちゃんの義実さんは、15歳(現代の年齢で大体13〜4歳)の時に、大寧寺の変で亡くなっています。 弟の元重さんは、元々はお母さんの実家の杉を名乗っていましたが、大内滅亡後元就の家臣になり、小幡を名乗るようになったみたいです。

他宗の視察(観光です)。 長門市の大寧寺(たいねいじ/曹洞宗)。大内義隆最期の地で、墓所がある。 大河ドラマ『毛利元就』での大内氏滅亡のシーン印象的だったな。 禅宗寺院は何だか身の引き締まる思いがする。

龍穏寺。江戸時代は、 全国の曹洞宗寺院を総括。 武蔵/龍穏寺 下総/総寧寺 下野/大中寺 3寺すべてお参り!デキタ #関三刹 #関東僧録司#龍穏寺 #越生

【二条良豊(1536-1551)】二条家の公卿。尹房の次男。兄の晴良が父同様に関白へ列すると自身を昇進を重ね、若くして左近衛中将に任ぜられた。父が大内義隆と懇意にあった関係から引退した父に連れられて周防に逗留したが、大寧寺の変が勃発すると陶晴賢の手勢に捕らえられて自害させられた。

【27】大内 義隆(おおうち よしたか)1507~1551 周防の戦国大名。大内義興の子。中国全域から九州北部の広大な範囲に勢力を伸ばした。少弐氏や尼子経久らと戦うが、戦争は苦手であったようである。衆道や公家文化に夢中になったため、家臣の陶晴賢に背かれ自害した(大寧寺の変)。

大寧寺の大内義隆主従のお墓の数が思ったより、多かった。 京から山口に訪れていた公家や文治派の家来たちの人も同行してたんだな。 推測でしかないけど、貿易などのやり取りをしていたのは文治派であっただろうし、義長の代にかわっても簒奪者として明から貿易を断られていたというのも納得ではある。

陶晴賢の謀叛により大寧寺の変🔥で主君・大内義隆が討たれると、吉見氏は反陶氏の姿勢を鮮明に示して敵対。この時、津和野に攻め込んだ陶軍を籠城迎撃した三本松城の戦いが生じている。 同じく反陶氏の動向を示した大内氏傘下の安芸国人・毛利元就と誼を通じ、天文二十四(1555)年に厳島の合戦⛩で

【27】大内 義隆(おおうち よしたか)1507~1551 周防の戦国大名。大内義興の子。中国全域から九州北部の広大な範囲に勢力を伸ばした。少弐氏や尼子経久らと戦うが、戦争は苦手であったようである。衆道や公家文化に夢中になったため、家臣の陶晴賢に背かれ自害した(大寧寺の変)。

大寧寺の変で厳島を占拠した陶晴賢殿は、通行料権益の独占をもくろみ、村上水軍に対して駄別料徴収の禁止を通告しました。貴重な収入源を奪われることになった村上武吉殿の怒りは半端ではなく、この時の遺恨が村上水軍を毛利に結びつける一助となりました。

鷲頭弘忠は大内一門であり大内家家来であったのだが、当主大内教弘の不興を買い、討たれた人物。そして、大寧寺の創建者と言われる。 その大寧寺で大内義隆が討たれたのも何の因果か....

大内義隆が逆臣陶晴賢によって、討たれた事件、大寧寺の変で有名な大寧寺に行ってきた。 大内義隆のお墓、主従のお墓、長州藩家老のお墓がある。 個人的に関東管領上杉憲実(足利学校、金沢文庫の再興者)のお墓がこんな所にあるとは思わなかった。諸国漫遊の後に大内家を頼り、ここで亡くなったとの事。

伊豆で没したと伝えられる私だが、密かに伊豆を抜け、浦郷(現 横須賀市浦郷町)に身を潜めていた。しかし幕府の追討の手は厳しく、六浦の瀬ケ崎の薬師寺にて自害。以後、寺の名を私の戒名「太寧寺殿道悟大禅定門」を取り太寧寺と号した。寺には私の位牌や肖像画、略伝等が寺宝として伝えられている。

【江良賢宣(????-1569)】大内家臣。はじめ大内義興の偏諱を受けて興綱と名乗り、大内義隆の下で山陽戦線に従事したが、大寧寺の変に際して陶晴賢を支持するとその一字を与えられて賢宣に改名した。須々万沼城の戦いなどに毛利軍と戦うも後に毛利氏に降り、後に立花山城の戦いに討死した。

文治で名を馳せていった義隆殿じゃったが、大寧寺の変以降の騒乱で文官を多数失って次の代では悲惨なことになっておったのう… 義長殿は大陸との交易を目論んでおったようじゃが義隆殿の頃では考えられぬ書式の初歩的ミスで相手側から拒絶されたようじゃし、人材というのは大切じゃな。

【27】大内 義隆(おおうち よしたか)1507~1551 周防の戦国大名。大内義興の子。中国全域から九州北部の広大な範囲に勢力を伸ばした。少弐氏や尼子経久らと戦うが、戦争は苦手であったようである。衆道や公家文化に夢中になったため、家臣の陶晴賢に背かれ自害した(大寧寺の変)。

【斎藤高利(????-????)】大内家臣。大内水軍に属したとみられ、尼子氏に通じた友田興藤が桜尾城に挙兵すると大内水軍を指揮した弘中武長の命で五日市の戦いに臨むも敗北を喫した。桜尾城の戦いにも従軍し、大寧寺の変後も大内氏に仕えたが、やがて主家が滅亡すると毛利氏に仕えた。

よく考えてみると ( ˘ω˘) フラグも何も 大寧寺の変 が 起きたら即死である (゚ω゚=)(゚ω゚=)

ところで史実の大寧寺の変のフラグをへし折り佐東銀山城を毛利氏から奪ったのだけれど ( ˘ω˘) 何度やっても毛利氏が激おこ 数倍の勢力で囲まれてすぐに取り返されてしまう ワシやっぱりゲームに向いてない気がしてきた 説明書をちゃんと読まないからそういうことに…(゚ω゚=)(゚ω゚=)…え?

大寧寺の変で厳島を占拠した陶晴賢殿は、通行料権益の独占をもくろみ、村上水軍に対して駄別料徴収の禁止を通告しました。貴重な収入源を奪われることになった村上武吉殿の怒りは半端ではなく、この時の遺恨が村上水軍を毛利に結びつける一助となりました。

【三条実教(1538-1554)】三条家の公家。正親町三条公兄の子。三条公頼が大寧寺の変に巻き込まれて横死を遂げると継嗣がなかったことから名跡を継ぐも夭折した。三条家当主の諱は「実」と「公」を交互にする慣行だったが、次代は実綱を名乗り、歴代当主からは抹消されたと指摘される。

【相良武任(1498-1551)】大内家臣。正任の子。祖父の頼観が相良氏の内訌に敗れると大内義隆に仕えて祐筆を務めた。主家の出雲遠征が失敗に終わると陶隆房を糾弾して文治派を形成したが、隆房ら武断派の台頭により肥後への逐電と再出仕を繰り返し、大寧寺の変で連動して武断派に粛清された。

タイトルとURLをコピーしました