大寧寺の紅葉

大寧寺の紅葉に関するみんなのつぶやきをリアルタイムで表示しています。
お出かけ前に紅葉の見ごろ、時期、混雑状況をリアルタイムでチェックできます。

大寧寺の紅葉見頃(リアルタイム)

大寧寺の紅葉に関する最近の口コミは見つかりませんでした。

大寧寺のリアルタイム情報

しかかく (@SquareDeerHorn )さんの大寧寺の変生放送を受けて。 コンランさんの論文も読んだし、中原さんの論文も取り寄せやした💪

横須賀には修善寺から逃げてきた範頼の伝承があるんです、お寺にお墓や位牌、肖像もあるんです!という迫田さんほ話のあとに、大寧寺さんと薬王寺さんのお墓に手を合わせてるお写真と、肖像画の横で同じポーズをしてるお写真を見れてテンション上がってしまいました またどこかで拝見したい #みうらぶ

陶晴賢 ……… 1521~55 大内家臣。武勇に優れ、西国無双の侍大将と呼ばれる。また容姿端麗で、主君義隆の寵愛を受けたという。しかし51年、大寧寺の変を起こして義隆を殺害。大友家から義長を当主に迎えて、家中を掌握する。のち厳島の戦いで毛利元就に敗れ、自刃した。

大寧寺の変 ……… 1551年、周防の大内家で起こった政変。家中の武功派・文治派が対立するなか、武功派の陶晴賢が謀反を起こす。当主義隆を自害に追い込み、大内義長(大友宗麟の弟、大内義隆の甥)を擁立して家中の実権を掌握。しかし家中の混乱は続き、毛利元就らの離反を招いた。

(しかかくさんの「新説・大寧寺の変」動画を見ました今さら。陶隆房の件はショッキングっすね。コメント欄を見返すためにもう一回見ます)

新説・大寧寺の変~戦国最大のクーデター~ youtu.be/CSimkIo9JXk @YouTubeより めちゃくちゃ面白いです これぞ現代戦国研究のダイナミズム 3時間以上あるのでラジオ感覚でどうぞ

大寧寺の変で厳島を占拠した陶晴賢殿は、通行料権益の独占をもくろみ、村上水軍に対して駄別料徴収の禁止を通告しました。貴重な収入源を奪われることになった村上武吉殿の怒りは半端ではなく、この時の遺恨が村上水軍を毛利に結びつける一助となりました。

追浜駅から横浜方面の海側へ徒歩20分程の関東学院六浦小学校の辺り(少し高台)に蒲殿の別荘があり、後に菩提寺となる大寧寺となったとも。記念碑は交通量の多い待従川沿いの通りの角にあるよ。 残念ながら大寧寺は戦時中に4km程北へ移転しますが、ここからなら頼朝ゆかりの瀬戸神社までもすぐだね。

大寧寺さんの特別拝観あったんだ…😭今知る

いずれにしろ大寧寺の変は隆房が「もう義隆様にはついていけん」的な感じで起こした事件だと思ってる

あと隆房(晴賢)が大寧寺で義隆を自害に追いやったのは、(隆房の)忠義の暴走というよりは主従の間の衝突の末だったりしたのかな

なんというか大内義隆 月山富田城の戦いで養子の晴持を失ってから覇気が衰えてしまったというイメージあるんですけれど 寧ろ大寧寺の変で死ぬまではずっと覇気を保っていたのかなぁ…と最近思うようになりました

【二条良豊(1536-1551)】二条家の公卿。尹房の次男。兄の晴良が父同様に関白へ列すると自身を昇進を重ね、若くして左近衛中将に任ぜられた。父が大内義隆と懇意にあった関係から引退した父に連れられて周防に逗留したが、大寧寺の変が勃発すると陶晴賢の手勢に捕らえられて自害させられた。

新説・大寧寺の変~戦国最大のクーデター~ ものすごい面白い。ただし3時間超えるし、しかかく先生の動画は全集中で見ないと振り落とされる。でも知識欲をぐいぐい刺激される。 youtu.be/CSimkIo9JXk @YouTubeより

@Rigenmei 大寧寺の変が悔やまれます。

【27】大内 義隆(おおうち よしたか)1507~1551 周防の戦国大名。大内義興の子。中国全域から九州北部の広大な範囲に勢力を伸ばした。少弐氏や尼子経久らと戦うが、戦争は苦手であったようである。衆道や公家文化に夢中になったため、家臣の陶晴賢に背かれ自害した(大寧寺の変)。

文治派•武断派の対立という史観も警戒すべきだと思います。 少なくとも、大内義隆が陶隆房に虐殺された大寧寺の変はそれが理由の可能性は少ない 相良武任も名門武家の出身ですし、伊勢氏や小笠原氏のように故実に詳しい武家もいるわけで‥ 文に聡いから武断と争うという観点は難儀かと

新説・大寧寺の変~戦国最大のクーデター~ youtu.be/CSimkIo9JXk @YouTubeより

大内氏 応仁の乱では西軍の主力で、西日本の有力な守護大名だったが、1551年大寧寺の変で義隆が殺害されると、毛利氏の台頭を許すことになる。陶氏の立てた傀儡の当主晴英は1557年、長府で自害に追い込まれた。毛利氏に対抗するため大友氏が分家の輝弘を送り込むも、失敗し自害。滅亡した。

27)今治市村上水軍博物館:「村上海賊と呉・松山~瀬戸内海と島々がつなぐ地域~」,今治市教育委員会,2019. 28)中原健:陶隆房と大寧寺の変について,山口県地方史研究第126号,2020,p63-75. 29)秋山伸隆:はつかいち再発見ツアー 厳島合戦の‟現場“を歩く配布資料,2020.

いずれにしても大内義隆は当時日本で最大最強、別格の大名であり、大寧寺の変はそれまで「断続的な室町的闘争と静謐の混乱期」から「大友、毛利、尼子ら列強が鎬を削る無法な戦国時代」に突入した感がありけり 西日本の戦国史はせめてこの変から語り始めて欲しい(それ以前の闘争ももちろんだが

#英雄たちの選択 月山富田城 山陰道★尼子晴久 義久 石見・出雲・伯耆・因幡 山陽道★大内義隆 長門・周防・安芸・吉備 天文12(1543)富田合戦①義隆敗退 天文20(1551)大寧寺の変~陶晴賢 天文24(1555)厳島合戦~元就 永禄5 石見銀山奪取 永禄9 調略②尼子滅亡 永禄13(1570 騙討ち③山中鹿介撤退

@moai_sakurai 大内文化が栄え西の高野と言われた大寧寺に、羽黒山で修行した寒河江大江氏の一族が住職として居たってのはアツいですよね〜

大寧寺の変」のwikiを見ていて大内義尊のSATSUGAIされた寺、まさかな…って思い見たら想像以上にシンボルロックだった。

今ようやくしかかくさんの大寧寺の変を見始めてるところです まだ途中なので後で答えでるかもですが、陶晴賢の偏諱問題、足利義晴の時限偏諱は、大友宗麟公が相良義陽に「義」字公称を認めなかったように、義隆から使用をストップされてたかな? 弑逆したから晴れて晴賢使えるようになったと

@tourisu @shirowanko7 あと大寧寺のツイ。 郷土館でつながりがわかって思わず声出ちゃったんですけど。 チョー恥ずかしい😅

[12623] 大寧寺(たいねいじ)の変で大内義隆(おおうち よしたか)を自害に追い込むも、厳島(いつくしま)の戦いで敗れて自害した戦国武将は誰でしょう?【解答】quizstar.jp/q/qa.php?id=12…

大内義隆 周防の大名。BLを非常に好み、それをザビエルに批判された事にマジギレしたこともある。当時中国地方最大勢力を形成する反面、公家文化を愛し、官位にこだわった。 のち、家臣&元愛人の陶晴房が謀反を起こし、大寧寺に逃げ込み、大勢の愛人・・・もとい家臣と共に自害した。

大寧寺(山口県長門市)? 大寧寺の歴史を調べてみたWikipedia 長享3(1489)年出羽国寒河江氏13代知広が大寧寺に寺領を寄進し子院として澄江院を建立した。二親供養のためだったという。 当時、父の叔父にあたる全岩東純が大寧寺七世住職であった縁により行ったものである。

前回の新説大寧寺の変が好評だったので次回解説生放送企画を考えます (タイトルとは裏腹に内容は論文書籍でガチガチに固めます)

大寧寺の変で厳島を占拠した陶晴賢殿は、通行料権益の独占をもくろみ、村上水軍に対して駄別料徴収の禁止を通告しました。貴重な収入源を奪われることになった村上武吉殿の怒りは半端ではなく、この時の遺恨が村上水軍を毛利に結びつける一助となりました。

久々に、自分の何かが吹き飛ばされるような衝撃を受けました。確かにこの新説は、今後の歴史考証の叩き台になるでしょうね。 新説・大寧寺の変~戦国最大のクーデター~ youtu.be/CSimkIo9JXk @YouTubeより

新説大寧寺の変の動画にズルズル引き込まれているぞー…ヌマー。 陶さんが陶さんじゃないなんて…!

“新説・大寧寺の変~戦国最大のクーデター~” htn.to/46xs4Ssbb8

大内義隆は別に問題があるわけじゃなく、陶晴賢って問田家から養子、将軍義晴からの偏諱におー!って思ってたら山口行幸計画!!??御所詰めしてる実務文官が大量に移動してるとなると確かにあってそう… 新説・大寧寺の変~戦国最大のクーデター~ youtu.be/CSimkIo9JXk@YouTube より

眠れなかったので3時間くらいあるとある大寧寺の変の解説アーカイブを深夜に見てしまい寝不足です。とても面白かった。

大寧寺の変で厳島を占拠した陶晴賢殿は、通行料権益の独占をもくろみ、村上水軍に対して駄別料徴収の禁止を通告しました。貴重な収入源を奪われることになった村上武吉殿の怒りは半端ではなく、この時の遺恨が村上水軍を毛利に結びつける一助となりました。

1551年毛利元就と結んだ陶隆房が主君である大内義隆を討ったのが大寧寺。(大寧寺の変) 大寧寺は焼亡し、毛利氏によって復興したという。 twitter.com/eoruri_t/statu…

大内氏 応仁の乱では西軍の主力で、西日本の有力な守護大名だったが、1551年大寧寺の変で義隆が殺害されると、毛利氏の台頭を許すことになる。陶氏の立てた傀儡の当主晴英は1557年、長府で自害に追い込まれた。毛利氏に対抗するため大友氏が分家の輝弘を送り込むも、失敗し自害。滅亡した。

大寧寺の変⇒(仏)⇒Du temple Daning est étrange⇒(Re)⇒若干の大寧寺院は奇妙です

@SquareDeerHorn 自分もしかかくさんの「大寧寺の変」動画を見る前はこのような認識だったので、感謝しかないです!(藤井先生の義隆も購入しました。)

歴史好きな人向け 大内義隆が陶晴賢に謀反された大寧寺の変の新説の話 youtu.be/CSimkIo9JXk

@denden4970 いつも読んで頂きありがとうございます。 この辺も次章への布石ですね。 次章では大寧寺の変を扱う予定でして、そこからの政争に関わる形です。 毛利にご破算にされるまで、大内(陶)は上洛を計画しておりました。 伊予(瀬戸内海)は大内勢と密接に関わりますね。

タイトルとURLをコピーしました