竜田川の紅葉

竜田川の紅葉に関するみんなのつぶやきをリアルタイムで表示しています。
お出かけ前に紅葉の見ごろ、時期、混雑状況をリアルタイムでチェックできます。

竜田川の紅葉見頃(リアルタイム)

わたし平家物語の「壇ノ浦の戦で海が血で赤く染まり色とりどりの鎧や着物の切れ端が散乱してる様はまるで竜田川紅葉のようだった(要約)」って表現が人生で一番刺さってるんですよね

(川面に紅葉が流れていますが)神代の時代にさえこんなことは聞いたことがありません。竜田川一面に紅葉が散りしいて、流れる水を鮮やかな紅の色に染めあげるなどということは。

【定期】竜田揚げの竜田は元は「竜田川」が由来とされています。紅葉に初雪が降る美しい情景を赤身(鯖など)に片栗粉をまぶして揚げることによって見立てていく風情ある料理なんですよ

竜田川紅葉が美しい側は王寺寄り

ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは 思議なことが多い、神様がこの世界を治めておられた時代にも、聞いたことがありませんよ。紅葉の名所の竜田川が、紅葉を散らして鮮やかな紅色に、水を「くくり染め」にしているとは。

(川面に紅葉が流れていますが)神代の時代にさえこんなことは聞いたことがありません。竜田川一面に紅葉が散りしいて、流れる水を鮮やかな紅の色に染めあげるなどということは。

竜田川紅葉なんて 色づくにはまだ早い 最後なら抱きしめてよ (コスモス)

【定期】竜田揚げの竜田は元は「竜田川」が由来とされています。紅葉に初雪が降る美しい情景を赤身(鯖など)に片栗粉をまぶして揚げることによって見立てていく風情ある料理なんですよ

@honokaozawa 竜田川紅葉見ながらタツタサンド食べて大吉!(在原業平朝臣)

(川面に紅葉が流れていますが)神代の時代にさえこんなことは聞いたことがありません。竜田川一面に紅葉が散りしいて、流れる水を鮮やかな紅の色に染めあげるなどということは。

【定期】竜田揚げの竜田は元は「竜田川」が由来とされています。紅葉に初雪が降る美しい情景を赤身(鯖など)に片栗粉をまぶして揚げることによって見立てていく風情ある料理なんですよ

ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは 思議なことが多い、神様がこの世界を治めておられた時代にも、聞いたことがありませんよ。紅葉の名所の竜田川が、紅葉を散らして鮮やかな紅色に、水を「くくり染め」にしているとは。

(川面に紅葉が流れていますが)神代の時代にさえこんなことは聞いたことがありません。竜田川一面に紅葉が散りしいて、流れる水を鮮やかな紅の色に染めあげるなどということは。

@y4K2EYd10UCUVrt 揚げると色が変わる様子が、竜田川に浮かぶ紅葉を連想させることから、そう呼ばれたようです\(//∇//)\ お腹…減りますね笑

「竜田揚げ」の「竜田」という名前は、揚げた色が紅葉のような色合いになるため在原業平の「千早振る神代もきかず龍田川~」という歌から、紅葉の名所竜田川にちなんだという説、旧日本海軍の軽巡洋艦「龍田」の司厨長が唐揚げを作る際に小麦粉のかわりに片栗粉を使って揚げたという説などがある

(川面に紅葉が流れていますが)神代の時代にさえこんなことは聞いたことがありません。竜田川一面に紅葉が散りしいて、流れる水を鮮やかな紅の色に染めあげるなどということは。

69番:あらし吹く三室の山のもみぢ葉は 竜田の川の錦なりけり(能因法師)【その他の雑学】竜田川は現在の生駒市を流れる紅葉の名所。もっとも平安の頃は、下流の大和川まで竜田川と呼ばれていたようです。ところで竜田揚げはその色が竜田川紅葉に似ているから名づけられた、という説があります。

【定期】竜田揚げの竜田は元は「竜田川」が由来とされています。紅葉に初雪が降る美しい情景を赤身(鯖など)に片栗粉をまぶして揚げることによって見立てていく風情ある料理なんですよ

A.-----【紅葉】🍁 由来と言われる奈良県を流れる #竜田川 周辺は紅葉の名所で、 からりと揚がった衣の赤い色を 紅葉に見立てたそう… twitter.com/761morning/sta…

ググッちゃ… Q.竜田揚げは竜田川の何をイメージして作られたか? A.これからの季節の竜田川周辺の美しい紅葉をイメージして名付けられました #761morning@761morning

あらし吹く 三室の山の もみぢ葉は 竜田の川の 錦なりけり(山風の吹く三室山で散る紅葉は、竜田川に流れて、川に浮かぶ錦のように美しいことよ。)

ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは 思議なことが多い、神様がこの世界を治めておられた時代にも、聞いたことがありませんよ。紅葉の名所の竜田川が、紅葉を散らして鮮やかな紅色に、水を「くくり染め」にしているとは。

ちはやふる神代をきかず竜田川 からくれないに 水くくるとき 在原業平 と このたびはぬさもとりあえず手向山 紅葉の錦かみのまにまに 菅屋 って 言ってること似てるような、、、 どっちも紅葉

(川面に紅葉が流れていますが)神代の時代にさえこんなことは聞いたことがありません。竜田川一面に紅葉が散りしいて、流れる水を鮮やかな紅の色に染めあげるなどということは。

【定期】竜田揚げの竜田は元は「竜田川」が由来とされています。紅葉に初雪が降る美しい情景を赤身(鯖など)に片栗粉をまぶして揚げることによって見立てていく風情ある料理なんですよ

竜田川,なんかしょぼい川だと思ってたけど紅葉めちゃくちゃきれいだな,さすがに有名なだけある

竜田川紅葉乱れて流るめり渡らば錦中や絶えなむ【283番 秋歌下 よみ人しらず】/この歌は、ある人、ならのみかどの御歌なりとなむ申す

竜田揚げの揚げた後の色が竜田川に流るる紅葉に似ていたので竜田揚げになったというのが有力!つまんなくなかった!美味しそうだね!

ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは 思議なことが多い、神様がこの世界を治めておられた時代にも、聞いたことがありませんよ。紅葉の名所の竜田川が、紅葉を散らして鮮やかな紅色に、水を「くくり染め」にしているとは。

(川面に紅葉が流れていますが)神代の時代にさえこんなことは聞いたことがありません。竜田川一面に紅葉が散りしいて、流れる水を鮮やかな紅の色に染めあげるなどということは。

【定期】竜田揚げの竜田は元は「竜田川」が由来とされています。紅葉に初雪が降る美しい情景を赤身(鯖など)に片栗粉をまぶして揚げることによって見立てていく風情ある料理なんですよ

あの歌は「竜田川紅葉落ちてるのすげー綺麗」みたいなニュアンス(在原業平が元恋人に後に贈った歌だし他にも深意はあっただろうけど)で、紅葉が美しいってことを表すにはうってつけの表現だけど、楓原の持つ寂しさというか物悲しさを語るには少し違うような感じで、 一方「奥山の〜」は歌の中にしっ

(川面に紅葉が流れていますが)神代の時代にさえこんなことは聞いたことがありません。竜田川一面に紅葉が散りしいて、流れる水を鮮やかな紅の色に染めあげるなどということは。

表訳 「神々が住み、不思議なことが当たり前に起きていた頃でもこんな不思議で美しいことは無かったでしょう 竜田川の流れが舞い落ちた紅葉を乗せて、鮮やかな唐紅の絞り染めになっているなんて」 裏訳 「私の燃える想いが、激しい水の流れを真っ赤に染め上げてしまうほど、今でも貴方を愛しています」

ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは 思議なことが多い、神様がこの世界を治めておられた時代にも、聞いたことがありませんよ。紅葉の名所の竜田川が、紅葉を散らして鮮やかな紅色に、水を「くくり染め」にしているとは。

(川面に紅葉が流れていますが)神代の時代にさえこんなことは聞いたことがありません。竜田川一面に紅葉が散りしいて、流れる水を鮮やかな紅の色に染めあげるなどということは。

あらし吹く 三室の山の もみぢ葉は 竜田の川の 錦なりけり(山風の吹く三室山で散る紅葉は、竜田川に流れて、川に浮かぶ錦のように美しいことよ。)

【定期】竜田揚げの竜田は元は「竜田川」が由来とされています。紅葉に初雪が降る美しい情景を赤身(鯖など)に片栗粉をまぶして揚げることによって見立てていく風情ある料理なんですよ

(川面に紅葉が流れていますが)神代の時代にさえこんなことは聞いたことがありません。竜田川一面に紅葉が散りしいて、流れる水を鮮やかな紅の色に染めあげるなどということは。

@freezingsammy 白蛇、かっこいい~~💗 和風じゃないけど『ちはやぶる神代もきかず竜田川からくれなゐに水くくるとは』を思い出しましたー😄 紅葉で豪奢に染まる紅、西陣織の衣装、を連想します🍁🍁🍁

【定期】竜田揚げの竜田は元は「竜田川」が由来とされています。紅葉に初雪が降る美しい情景を赤身(鯖など)に片栗粉をまぶして揚げることによって見立てていく風情ある料理なんですよ

ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは 思議なことが多い、神様がこの世界を治めておられた時代にも、聞いたことがありませんよ。紅葉の名所の竜田川が、紅葉を散らして鮮やかな紅色に、水を「くくり染め」にしているとは。

奈良県 竜田揚げ 生駒郡、生駒市 醤油や味醂で食材に下味をつけ、片栗粉をまぶして揚げた料理。紅葉の名所竜田川に因んで名づけられ、地元でご当地グルメ化が行われている。

竜田川紅葉乱れて流るめり渡らば錦中や絶えなむ【283番 秋歌下 よみ人しらず】/この歌は、ある人、ならのみかどの御歌なりとなむ申す

(川面に紅葉が流れていますが)神代の時代にさえこんなことは聞いたことがありません。竜田川一面に紅葉が散りしいて、流れる水を鮮やかな紅の色に染めあげるなどということは。

竜田川のリアルタイム情報

ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは

ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは

ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは

秋のはつる心を竜田川に思ひやりてよめる 年ごとに もみぢば流す 竜田川 みなとや秋の とまりなるらん/紀貫之 (巻五/秋歌下・311)

ちはやふる神代も聞かず竜田川からくれなゐに水くくるとは

わたし平家物語の「壇ノ浦の戦で海が血で赤く染まり色とりどりの鎧や着物の切れ端が散乱してる様はまるで竜田川紅葉のようだった(要約)」って表現が人生で一番刺さってるんですよね

ちはやふる なんとかなんとか 竜田川 からくれないに  なんとかなんとか ()

17 ちはやぶる神代もきかず竜田川 からくれなゐに水くくるとは 決字「ちは」 app goo.gl/i14qDsgoo.gl/eGFIhT

(17)ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは 在原業平朝臣

ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは 在原業平朝臣

ちはやふる神代もきかず竜田川 からくれなゐに水くくるとは ― 唐紅

(川面に紅葉が流れていますが)神代の時代にさえこんなことは聞いたことがありません。竜田川一面に紅葉が散りしいて、流れる水を鮮やかな紅の色に染めあげるなどということは。

ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは 在原業平朝臣

ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは

[2000/11/25-27奈良斑鳩たっぷり(唐招提寺金堂は改修中)・京都少し2:中宮寺・法起寺・竜田川周辺・唐招提寺薬師寺] okab.exblog.jp/30655223/

月曜日でスガタ池へコサギ・カモ・アオサギが来てた、矢田丘陵麓も稲刈り奥まで行き下っていると蛇がいた 5月頃まで鶯がいたが今は野鳥は池にもいない、別院川を下り河口まで行ったがカワセミはいなく竜田川に出て探すがいない、別院川上って上流に行くとカワセミ来たタワタリのトンボも少なくなった

@Prince_Ootsu 千早ぶる 神代も聞かず 竜田川

【定期】竜田揚げの竜田は元は「竜田川」が由来とされています。紅葉に初雪が降る美しい情景を赤身(鯖など)に片栗粉をまぶして揚げることによって見立てていく風情ある料理なんですよ

暗峠へ行きました33 やっと竜田川へ到着♪

暗峠へ行きました29 やっと奈良県を見ることができた。 この景色は奈良盆地がどうなっているか よく分かる景色ですね。 竜田川 すげぇ twitter.com/Prince_Ootsu/s…

題しらず 竜田川 錦おりかく 神な月 しぐれの雨を たてぬきにして/よみ人しらず (巻六/冬歌・314)

sugar-boytrpg.booth.pm/items/1149662 CoCシナリオ「落花流水」 探索者は竜田川組の下についている個人または小さな組合である。 そんな探索者の元に、親分である竜田川童子から招集が掛かり、藤原組についての情報収集をすることに。

帰宅なのー! (@ 竜田川駅 in 平群町, 奈良県) swarmapp.com/c/l7gtpqklGoE

「千早振る」在原業平の歌「千早振る 神代もきかず竜田川 からくれないに水くぐるとは」の意味を隠居が八っつあんにでたらめに教える。「最後のとはの意味は」「千早の本名だ」

ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは

ちはやふる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは 신이 살던 시대에도 듣지 못했네 타츠다가와 붉은 빛을 띈 채 홀치기 염색이라니 신들도 몰랐겠지, 붉은 옷 안에는 가장 아름다운 여자가 있었다는 것을

17 番歌 ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは

竜田川紅葉が美しい側は王寺寄り

三室山は王寺から歩けそうだったし竜田川も生駒から歩けそうだったので近鉄生駒線に乗ると称すれば行けるのではないかという思いがあり

@marathon_birth7 法起寺~法輪寺~法隆寺~桜池~役場~龍田神社~竜田川も良いし 反対方面の法隆寺~法輪寺~松尾寺~矢田に行くのも良いかもです

関西でやりたいことを夢想してるんですが,現状竜田川と三室山しか思いついておらず,同行人はぼくの交友関係の中から選ばれるので高い確率で鉄研なんだよな……っていう

I'm at 竜田川駅 in 平群町, 奈良県 swarmapp.com/c/g11mTuiUfO9

ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは

ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは

ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは 思議なことが多い、神様がこの世界を治めておられた時代にも、聞いたことがありませんよ。紅葉の名所の竜田川が、紅葉を散らして鮮やかな紅色に、水を「くくり染め」にしているとは。

秋のはつる心を竜田川に思ひやりてよめる 年ごとに もみぢば流す 竜田川 みなとや秋の とまりなるらん/紀貫之 (巻五/秋歌下・311)

17番:ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは(在原業平朝臣)【その他の雑学】「千早振る」という落語の演目があります。この歌を知らない隠居が勝手な解釈をしていく、という内容です。三遊亭小遊三さんがこの演目の名手として知られます。笑点だけではないのですよ。

ちはやふる神代も聞かず竜田川からくれなゐに水くくるとは

017 在原業平朝臣 (ありわらのなりひらあそん) ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは (ちはやぶる かみよもきかず たつたがは(わ) からくれなゐ(い)に みづ(ず)くくるとは)

題しらず 竜田川 錦おりかく 神な月 しぐれの雨を たてぬきにして/よみ人しらず (巻六/冬歌・314)

ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは

I'm at 第二阪奈有料道路 竜田川橋 in 生駒市, 奈良県 swarmapp.com/c/kctlPU426Q3

17.ちはやぶる神代も聞かず竜田川

(川面に紅葉が流れていますが)神代の時代にさえこんなことは聞いたことがありません。竜田川一面に紅葉が散りしいて、流れる水を鮮やかな紅の色に染めあげるなどということは。

ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは 在原業平朝臣

ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは ちはやふるかみよもきかすたつたかは からくれなゐにみつくくるとは 017 在原業平朝臣

ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは

小雨の中、春日社・往馬大社・竜田川・一分の里(ここで雨上がり)を回り第2阪奈道下を抜け文殊橋へ今日はカワウの子が来てた、以前は秋祭りもあり、また大阪平岡神社で薪能があり秋の一分の里を歩くことが多かった2年前からコロナ禍で足が遠のいてタシギもいなくなっていた生駒に来て最初描い風景

【四択】落語「千早振る」で竜田川の実家の家業とされるのは何屋?  豆腐

sugar-boytrpg.booth.pm/items/1149662 CoCシナリオ「落花流水」 探索者は竜田川組の下についている個人または小さな組合である。 そんな探索者の元に、親分である竜田川童子から招集が掛かり、藤原組についての情報収集をすることに。

秋のはつる心を竜田川に思ひやりてよめる 年ごとに もみぢば流す 竜田川 みなとや秋の とまりなるらん/紀貫之 (巻五/秋歌下・311)

竜田川紅葉なんて 色づくにはまだ早い 最後なら抱きしめてよ (コスモス)

白露に 岸による波 竜田川 我が衣手は 思はざりけり #百人一首

ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは

【定期】竜田揚げの竜田は元は「竜田川」が由来とされています。紅葉に初雪が降る美しい情景を赤身(鯖など)に片栗粉をまぶして揚げることによって見立てていく風情ある料理なんですよ

17:ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは(在原業平朝臣)

ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは (17番 在原業平朝臣)

@honokaozawa 竜田川紅葉見ながらタツタサンド食べて大吉!(在原業平朝臣)

ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは/在原業平朝臣

17.ちはやぶる神代も聞かず竜田川

ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは

ちはやふる神代もきかず竜田川 からくれなゐに水くくるとは ― 唐紅

題しらず 竜田川 錦おりかく 神な月 しぐれの雨を たてぬきにして/よみ人しらず (巻六/冬歌・314)

ちはやふる見てて28丁目のネーミングが『ちはやぶる神代もきかず竜田川からくれなゐに水くくるとは』から来ていることに気付いた

ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは

ちはやふる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは 신이 살던 시대에도 듣지 못했네 타츠다가와 붉은 빛을 띈 채 홀치기 염색이라니 신들도 몰랐겠지, 붉은 옷 안에는 가장 아름다운 여자가 있었다는 것을

(川面に紅葉が流れていますが)神代の時代にさえこんなことは聞いたことがありません。竜田川一面に紅葉が散りしいて、流れる水を鮮やかな紅の色に染めあげるなどということは。

ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは 在原業平朝臣

竜田揚げ(笑 や和歌で著名な、斑鳩の龍田川に架けられた龍田橋を渡る。「ちはやぶる神世も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは」「嵐吹く三室の山のもみぢ葉は竜田の川の錦なりけり」とかね。ただ古い時代の龍田川は、今の平郡を流れる川じゃなく、大和川の一部を指したというのが定説だとも。

17 番歌 ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは

ちはやふる神代も聞かず竜田川からくれなゐに水くくるとは

【定期】竜田揚げの竜田は元は「竜田川」が由来とされています。紅葉に初雪が降る美しい情景を赤身(鯖など)に片栗粉をまぶして揚げることによって見立てていく風情ある料理なんですよ

今日は大阪にほど近い奈良にある竜田川と三室山方面に行ってきました。また後日写真載せさせていただきます😊

秋のはつる心を竜田川に思ひやりてよめる 年ごとに もみぢば流す 竜田川 みなとや秋の とまりなるらん/紀貫之 (巻五/秋歌下・311)

17 ちはやぶる神代もきかず竜田川 からくれなゐに水くくるとは 決字「ちは」 app goo.gl/i14qDsgoo.gl/eGFIhT

和柄の「竜田川」ってのが中学生くらいの頃から好きで。 今はなき鎌倉の千代紙屋さんでお勧めされて買ったのがきっかけ。 すごーく綺麗だったんだよね その和紙屋さんも確か千駄木あたりだけになっちゃったのよね いせ辰さんってお店。

ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは 思議なことが多い、神様がこの世界を治めておられた時代にも、聞いたことがありませんよ。紅葉の名所の竜田川が、紅葉を散らして鮮やかな紅色に、水を「くくり染め」にしているとは。

ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは

ミュー「ちはやぶる かみよもきかず たつたがわ……からくれないに みずくぐるとは……」 マラリヤ「千早に振られ、神代にも言うことを聞いてもらえなかった竜田川は段々と落ちぶれていき、終いにはおからが貰えなくて入水しました」 セリオス「何だその一方的に哀れな竜田川は」

ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは 在原業平朝臣

10時から別院川へk氏田圃の稲刈りが始まった傍の川のカワセミは留守奥さんと談笑し川を下った第2阪奈道下にカワセミが下って河口まで飛んでいつもの場所へ、向かいの宅地工事も進行中、奥のF氏畑に来てたので川を渡り談笑。竜田川に出て一分橋から下った

ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは

sugar-boytrpg.booth.pm/items/1149662 CoCシナリオ「落花流水」 探索者は竜田川組の下についている個人または小さな組合である。 そんな探索者の元に、親分である竜田川童子から招集が掛かり、藤原組についての情報収集をすることに。

ちはやふる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは 신이 살던 시대에도 듣지 못했네 타츠다가와 붉은 빛을 띈 채 홀치기 염색이라니 신들도 몰랐겠지, 붉은 옷 안에는 가장 아름다운 여자가 있었다는 것을

ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは

超流「バリアブル竜田川

17.ちはやぶる神代も聞かず竜田川

タイトルとURLをコピーしました