石山寺の紅葉

石山寺の紅葉に関するみんなのつぶやきをリアルタイムで表示しています。
お出かけ前に紅葉の見ごろ、時期、混雑状況をリアルタイムでチェックできます。

石山寺の紅葉見頃(リアルタイム)

滋賀にある石山寺へ めっちゃ暑かったけど 心地良いお寺でした。 青紅葉も綺麗で癒されました😊

石山寺のリアルタイム情報

石山寺駅 いしやまでらえき

御陵駅から京都市営地下鉄さんの東西線に乗り入れる京津線、石山寺と坂本を結ぶ石山坂本線の2路線をまとめて、大津線と呼んでいます。

火灯窓花頭窓(かとうまど)は、おもに日本の、寺社建築城郭建築住宅建築などに見られる、上枠を火炎形(火灯曲線)または、花形(花頭曲線)に造った特殊な窓である。ほかに、華頭窓、架灯窓、瓦灯窓などと表記する。また、石山寺の「源氏の間」に見られることより通称「源氏窓」ともいう[1]。

御朱印帳買ってからやからなー(´-ω-`)石山寺とか勿論行ったことあるんだけど

【紫式部ゆかりの地】 石山寺(滋賀県大津市) 『源氏物語』は、紫式部が新しい物語を書くために石山寺に参籠をしていたところ、8月15日で十五夜の月が琵琶湖に美しく映るのを見て筆をおこしたと伝えられています。

滋賀にある石山寺へ めっちゃ暑かったけど 心地良いお寺でした。 青紅葉も綺麗で癒されました😊

今日のハイライト 2/2 ④石山寺 ⑤三井寺

御陵駅から京都市営地下鉄さんの東西線に乗り入れる京津線、石山寺と坂本を結ぶ石山坂本線の2路線をまとめて、大津線と呼んでいます。

【滋賀・石山寺/兜跋毘沙門天立像(平安)】像高174cm。木造で極彩色が施されている。尼藍婆・毘藍婆の二鬼を左右に従え、左手に宝塔、右手に三鈷戟をもつ兜跋形式の毘沙門天。海老籠手、金鎖甲、ひだのある着衣をつけている。

石山寺。石の山なんですわな、巨岩が剥き出してる。747年、良弁僧正が開基したそう。手塚治虫「火の鳥 鳳凰編」に出てきたあの人?? 本堂は滋賀県最古の木造建築、国宝。中は撮影禁止。紫式部が源氏物語を書いた間もあった。いろんな様式の建築物があるが私が好きなのは東大寺門。源頼朝の寄進とか。

あ、石山 石山寺ね、、、紫式部さん 1人で行ったね、初めての夜行バス、初めての美術館

島崎藤村の句碑見るために石山寺へ寄る始末

どれがひとつ行くなら石山寺ishiyamadera.or.jp

山号を「石光山」という/石山寺(真言宗)紫式部が『源氏物語』を書いたとされる源氏の間がある

石山寺の次は八幡堀に行って来たよ🎵 タイムスリップしたの様な町並みが素敵だったよ~📷️

昨日は石山寺(滋賀県)にまず始めに行ったんだぁ😆 最古の多宝塔があって凄かったよ☺️ 帰りにはかえるさんもいたから一緒に写真を撮ってもらっちゃった💕 やっぱりかえるは縁起がいいよね😁

🐇 石山寺 Ishiyamadera @Ishiyamadera_T 本日の風鈴🎐 .

山科駅からの京阪支線。急坂、カーブ、踏切、家が迫る中、そして路面。たのしいイベントが一杯。そして浜大津で坂本方面、石山寺方面。それぞれに地味だけど歴史好きならたまらないコンテンツは沢山。この魅力、どうすれば伝わるんだろって考えてますか? #大津市 #滋賀 #琵琶湖

【滋賀・石山寺/釈迦如来坐像(奈良)】像高14cm。銅製。衲衣を通肩にまとっており、柔らか味のある曲面・曲線を基調とした独特の如来像。像内は空で薄手、底部に十字形の突起あり。その中央に像を支持するための?を挿入する穴あり。

御陵駅から京都市営地下鉄さんの東西線に乗り入れる京津線、石山寺と坂本を結ぶ石山坂本線の2路線をまとめて、大津線と呼んでいます。

石山寺から次は、比叡山延暦寺へ。国宝根本中堂は10年かけての大修理中(2026年?完成予定かな)。修理中ならではの見学ができました。

琵琶湖方面へ出発したものの、やはりの渋滞情報で途中から行先変更。石山寺へ。大学時代に訪れた時は本堂屋根の葺き替え中だったなぁ、と懐かしく思い出しながら参拝しました。

@wormanago 叔母が石山寺近くにもう数十年住んでいますが食べていないと言っていました。逆に僕はたべます。ほんとに吹けば消えてしまいかねない文化なのかもしれないと思っています。

以前、石山寺@ishiyamadera_T で買った『絵本 源氏物語 石山版』の挿絵は石山寺所蔵「源氏物語画帖」の源氏絵色紙が使用されていたのが思い出されます。 表紙はデザインが様々。巻名・源氏の年齢・挿絵・解説が1巻ごとに見開きでわかります。(↓写真はぼかしました) twitter.com/kakitutei/stat…

【日本三大名月の里】①姥捨山(長野県冠着山)石山寺(滋賀県大津市)桂浜(高知県高知市) ※姥捨山に名月とは皮肉なものですが・・・・姥をこの山に捨てた男性が名月を見て後悔に耐えられず、翌日連れ帰ったという説話もあります(『大和物語』)。

石山寺へ。 本堂の風鈴の音が気持ちいい🎐

御陵駅から京都市営地下鉄さんの東西線に乗り入れる京津線、石山寺と坂本を結ぶ石山坂本線の2路線をまとめて、大津線と呼んでいます。

【田村】普天の下、率土の中いづく王地にあらざるや。やがて名にし負ふ、關の戸ささで逢坂の山を越ゆれば浦浪の、粟津の森やかげろふの、石山寺を伏し拝みこれも清水の一仏と、頼みはあひに近江路や、勢田の長橋踏み鳴らし駒も足竝や勇むらん。

@11111hiromorinn 遥か昔風林火山の旗を唐橋の欄干に立てた事が有ります。 石山寺門前の蜆飯は中々の美味。

石山寺はかの紫式部が参籠し、『源氏物語』を起筆したと伝えられています。

つづいて石山寺。ここは東海道線から南に遠く離れており、眺めるのは困難。 石山寺は東寺真言宗の大本山。本尊は如意輪観世音菩薩で、奇しくも本日22日がご縁日です。図は石山寺の如意輪観音。南無如意輪観世音菩薩さま~ →

東海道編40 近江八景。まずは瀬田の長橋(唐橋)と石山寺。 →

石山寺のアイスクリーム(プリン)いただく。

@11111hiromorinn 石山寺は辛うじて鐵橋の上から見られますが、粟津には家が立て込んでいます。比良山は見えますが唐崎や矢橋は無理。然も琵琶湖に雁は飛來しなくなりました。三井寺も建物が邪魔です。見えるのは瀬田の夕照位でしょうか。

これより近江八景(おうみばっけい、と読む人もいる)の実物。絵は広重です。 石山秋月 [いしやま の しゅうげつ] = 石山寺(大津市) →

【源氏物語ゆかりの地】 石山寺( 滋賀県大津市) 『源氏物語』宇治十帖において浮舟と周囲の人々は長谷寺と並んで石山寺の観音を信仰していました。一方、薫は、母の女三の宮の病気平癒を祈願して石山寺に篭っている最中に浮舟の失踪を知ることになります。

【源氏物語ゆかりの地】 石山寺(滋賀県大津市) 『源氏物語』において光源氏が須磨・明石から京へ戻った翌年、石山寺参詣へ向かう途中で、帰京する途中の空蝉たち一行と逢坂の関で逢います。光源氏と空蝉は歌を詠み交わすのでした。

石山寺プリンってのを食べた美味しかった

まちゃおさん✨  石山寺保育園卒、、目指す蓮華坐像✨ 私はカトリック幼稚園卒、、 聖母マリア目指そうかな⁉️🤣🤗 #まちゃお765 twitter.com/fmcocolo765/st…

タイトルとURLをコピーしました