金剛輪寺の紅葉

金剛輪寺の紅葉に関するみんなのつぶやきをリアルタイムで表示しています。
お出かけ前に紅葉の見ごろ、時期、混雑状況をリアルタイムでチェックできます。

金剛輪寺の紅葉見頃(リアルタイム)

@ponkotuy いわゆる湖東三山って言われる3つの寺が 百済寺、金剛輪寺、西明寺って感じでそれぞれ紅葉の名所で、加えて臨済宗の大本山 永源寺ってのを加えた4か所っすね 湖東三山: kotousanzan.jp 永源寺: eigenji-t.jp

ハートの空が撮れました💕 紅葉の時期にも最高の一枚が撮れそう🍁 湖東三山・金剛輪寺さま😊🙏✨ kongourinji.jp

金剛輪寺のリアルタイム情報

@7725rirarin メタセコイヤ並木の写真 まだ少し有りますので、 その④までいくかも?です!😅 それから 今日行った 金剛輪寺の写真をpostしますよー😆

@ysnrXF これは…すごい!興味深く拝見しています 私も金剛輪寺下倉米銭下用帳は購入しました 今職場なので手元にないのですが多賀又六なる人物もいましたね 多賀新左衛門は1488年に伊勢国梅津に退いてますが 私は松尾というのは日野町 梅津は梅戸だと推測してます 梅津という地名が見当たらないんです

@Borodbro02 そうした長享の新左衛門について、とりあえずメモを表に起こしてみました。大半が金剛輪寺下倉米銭下用帳からの抜き出しになりますが、とりあえず長享から明応にかけての新左衛門は同一人物かなと。ただ経家かまでは断定出来かねますが、状況的には長享~明応の新左衛門=経家っぽさが

【滋賀・金剛輪寺/十一面観音立像(平安後期)】像高172cm。頂上仏面と頭部幹部は檜材で一材造。眉毛、目、髭などに墨が、唇には朱が彩られている。その他は全て素地仕上げ。浅い彫法によって造られた平安後期の作品と言われている。

永正四死没多賀豊後子 ・同年親ヨリ令生涯 →親が豊後守、この時代では高忠後裔 →多賀豊後子とは高忠の孫か ・治部少輔と共に →金剛輪寺~には明応年間に治部と共に活動する多賀新左衛門が見える →多賀豊後子は多賀新左衛門か

@ponkotuy いわゆる湖東三山って言われる3つの寺が 百済寺、金剛輪寺、西明寺って感じでそれぞれ紅葉の名所で、加えて臨済宗の大本山 永源寺ってのを加えた4か所っすね 湖東三山: kotousanzan.jp 永源寺: eigenji-t.jp

ハートの空が撮れました💕 紅葉の時期にも最高の一枚が撮れそう🍁 湖東三山・金剛輪寺さま😊🙏✨ kongourinji.jp

「東おうみ版ご朱肉球めぐり」の完遂のためにお出かけ。 馬見岡綿向神社に行った流れで、湖東三山の西明寺と金剛輪寺に行きました。

ひさしぶりに西明寺と金剛輪寺にいって百済寺に合わせてみんな御開帳して下さいって土下座してまわろうかな。

どうやら天文の末、弘治の初め頃に亡くなった多賀豊後守が居るらしいという話、金剛輪寺下倉米銭下用帳をじっくり読んでみると、弘治三年(1557)に「豊後殿中間衆」が年始の挨拶に訪れている事が書いてあった。

タイトルとURLをコピーしました